<主な対応エリア>

【東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県北西部】
*その他の地域に関しましてもお気軽にお問い合わせください*

*他社様の御見積もりに疑問・不安を感じたら、お気軽にお問い合わせください*
*コロナ禍における状況を加味し、ご希望に沿った葬儀形式を提案しております*

あの人のため、あなたのために。

24時間 / 365日 自社スタッフが迅速・親身に対応中

0120-39-0416

オーダーメイド葬儀の花祭壇

こちらでは私たちが今までにお力添えさせていただいた、

『 ご家族様の想いを込めたお葬式 』の一部をご紹介いたします。

生花部が花一輪にもこだわり続ける、特別な花祭壇です。

無宗教葬

祭壇デザインから進行まで、
家族で作り上げた『形式にこだわらないお葬式』

相模原市営斎場 大式場 / 150名

年始にお亡くなりになり、斎場の予約状況は混雑を極めました。海外で生活されているご次女の帰国にも合わせ、その間はご自宅にてしっかりとお手当させていただき、お式当日まで安らかなお顔をされていらっしゃいました。

現役時代は大使館にお勤めになり、その後は森林事業に携わっていられた故人様。

ご家族様のご要望は「森へお父さんに会いに行く」祭壇。

ご長女は美術系のお仕事、ご次女は海外の演劇界で活躍されており、姉妹で祭壇をデザインし式の流れを演出し、そこにお母様のエッセンスが加わることによりご家族様らしい葬儀を執り行わさせていただきました。

床のウッドチップを一歩ずつ踏みしめ、檜の香りを楽しみながら故人様に会いに行く。

花祭壇中央にはスクリーンを設置し、想い出の映像とともに大好きな曲を流し、故人様へ想いを馳せながら会葬者は献花台へと進みます。

参列いただいた多くのご友人から「新しい葬儀のあり方を考えるきっかけになった」とお褒めのお言葉をたくさんいただけたとのご報告を頂戴し、ご家族様の想いを丁寧に形にするという責任を改めて感じさせていただきました。

仲間たちが作り上げた『愛と笑顔溢れるお別れ会』

桐ヶ谷斎場 鶴の間 / 200名

高知県で生まれ少年期を過ごし、スポーツでご活躍された故人様は名門校へ進学され、東京での社会人生活はたくさんの仲間たちに囲まれていました。

突然の出来事に高知から駆けつけたご家族様、そして婚約者様。東京での葬儀のことがまったく分からない不安のなか、故人様お勤め先のご友人からご連絡をいただきました。

東京での葬儀の流れや風習、式場・火葬場の説明、葬儀費用などを丁寧にさせていただき、お打ち合わせに同席されたご友人がお別れ会を総合演出することが決定し、葬儀までの限られた時間のなかでスライドショー制作や人員確保、オリジナルの返礼品までも見事にご準備されました。

ご親族様たちはコロナ禍のため高知からお越しになれませんでしたが、故人様を慕っていた多くのご友人様・仕事関係者様がご会葬され、私たち葬祭スタッフはいつも以上に裏方に徹しましたが、ことあるごとにお父様から『ありがとうございます。』と声を掛けていただき、お兄様からは『弟が生き続けている感があります!』と仰っていただけました。

告別式の最後にはお越しいただいた皆様方が満面の笑みで故人様を囲み集合写真を撮り、愛と笑顔に溢れた『お別れ会』となりました。

ご家族様が慣れない土地であったとしても、僕ら葬儀社はその土地でご家族様のご意向に沿った場を作り上げなければならないと学ばせていただきました。

無宗教葬 + 仏教葬

多くの仲間に想い出を語りながら見送られつつ、
従来の葬儀形式も執り行う『オリジナル葬儀』

日華斎場 思親殿 / 250名

大切な友人から早朝連絡が入り、『兄貴が亡くなったから、頼む。』と。それは大変辛い連絡でした。

若くして旅立たれたお兄様にはたくさんのご友人がいらっしゃることは容易に想像ができ、喪主をお務めになる奥様のご要望をしっかりとお伺いするなかで「お通夜を無宗教でご友人に献花いただき、告別式をお寺様を招いてお読経あげていただく」という形式を提案させていただきました。

通夜時 ご親族様は着席、ご友人様・仕事関係者様は少しでも多く式場内へ入っていただけるよう立席とし、花祭壇横のスクリーンにて想い出の曲とともにお預かりした数々のお写真によるスライドショーを皆様に観ていただき、式場内はすすり泣く声が…。

故人様を想ってお供えいただいた多くのご供花は花祭壇へと組み込ませていただいたことよって、唯一無二の式場へと仕上がっていきました。

平日だった告別式にも多くのご友人様が参列し、最後のお見送りまで立ち会っていただいたことで、故人様のお人柄をうかがい知ることができました。

紹介させていただいたお寺様がしっかりとお気持ち込めてお読経あげるその姿に、喪主様はじめご親族様方にも喜んでいただけました。

全てを滞りなく終え、最後に友人から『家族はもちろん兄貴の友達たちも、そして絶対兄貴も喜んでいるよ。頼んでよかった。本当にありがとう。』と固い握手をしてくれた手の感触が、今でもしっかりと残っています。

福利厚生・葬儀支援サービスにより、
事前相談からご家族様へ寄り添い続けるお葬式

日華斎場 行華殿 / 30名

葬儀支援サービスをさせていただいている会社様の大切な社員様からご依頼いただきました。『何かあればここへ連絡すれば大丈夫だから。』と役員の方々も事前に社内通達してくださっており、事前相談時からスムーズにご家族様ともお話しを進めることができました。

それから約二ヶ月後にご葬儀となりましたが、会社様のバックアップ体制もしっかりされており、ご家族様はお父様との時間を過ごしておりました。

通夜時にはモニターにてスライドショーを流し、お人柄をナレーションさせていただき、弔辞を読み上げ献花を手向けました。告別式には導師を招き読経・焼香、遠方からお越しになった親族様によるお花入れ、あたたかなお葬式となりました。

菩提寺様のご理解をいただき、
多くの会葬者様にもお越しいただいた通夜

代々幡斎場 / 120名

大変急なお別れにご家族様は動揺され、どこから何を決めていけばよいか途方に暮れ…。

まずはご家族様から菩提寺様へ連絡をしていただいたところ、本堂でのお式を勧められました。ご家族様もそのことにご理解いただきましたが、社交的なお母様のご葬儀には多数の会葬者様がいらっしゃるご様子でした。お寺様でのお式を執り行うとなるとお寺様にも会葬者様にもご不便な思いをさせてしまうのではないかと察し、通夜を無宗教式・告別式を仏式にて本堂ではなく斎場で執り行うことはいかがでしょうかと提案したところ、大変柔軟なお考えの菩提寺様からご理解いただきました。

通夜には予想を上回る会葬者様がお集まりになり献花を手向け、立派な花祭壇で取り囲まれた故人様と一人一人がご拝顔なされました。

告別式にて通夜の状況をご住職へ伝えたところ『あなたの柔軟な提案ですべてが滞りなく進んでいるみたいだね。家族も大変喜んでいるよ。』とお言葉を頂戴し、菩提寺様司式のもと告別式も温かみのあるおみおくりが可能となりました。

仏教葬

最愛の人を最愛の人らしく送り出す『出発式』

静岡県 セレモニア天竜 / 600名

ご逝去の連絡を受け、ご自宅にお伺いした際にはすでに地元葬儀社様とのお打ち合わせも始まっておりました。

喪主様とお話しをする時間をいただき、『葬儀っぽいことはしたくない、妻らしい【出発式】にしたい。』というお言葉から、私たちにお手伝いさせていただけないかとお願い申し上げました。

決まっていた地元葬儀社様のご理解・ご協力を得て、遠方ではありましたがご家族様の行いたい【出発式】を演出させていただきました。

通夜・告別式あわせて600名という多くの方々に見送られ、型にはまらない笑顔と涙にあふれた【世界にひとつだけの出発式】となりました。

過去にお世話になったご家族様から、
再度ご連絡をいただくということの意味

落合斎場 / 150名

一年半前にお世話になったご家族様から、再度ご連絡を頂戴致しました。

大切なお母様を病院でお看取りになり、『母が…たった今亡くなりました。』と早々にご連絡をいただくという意味を、ものすごく考えさせていただきました。

御祖母様の時と同様にご自宅へご安置し、湯灌・納棺をご親族様お立会いのもと執り行い、お花の祭壇は宝塚歌劇団が大好きだったお母様らしく華やかにピンクのユリでご遺影を囲み、深紅のバラとダリアをお棺近くに飾りつけ、式場に到着された喪主様からは『想像以上に立派に仕上げていただき、ありがとうございます。』とのお言葉をいただくことが出来ました。

なかなかご縁があってはならない職種柄、「もしもの時」に思い出していただけたということ、これからも真摯にご家族様に寄り添い続けたいと思います。

互助会系葬儀社に疑問・不安を感じてしまい・・・。

町屋斎場 / 15名

当初 喪主さまは故人様が積み立てていた互助会系葬儀社様へ当たり前のように葬儀を依頼。

しかし見積金額には積み立てていた大きな金額があるにもかかわらず、更に大きな金額が提示されていました。そのことを担当者へ伝えるとその場で大きな金額が値引かれたとのこと。そのことに疑問・不安を感じ、友人を介して弊社へ連絡が入りました。

互助会系葬儀社様を悪く言うつもりはございませんが、まだまだそういった事案が横行している業界なんだなと痛感し、ご家族様に寄り添った提案を心掛けた結果、葬儀の依頼を賜りました。

コロナ禍の状況等によりお集まりになる会葬者様を制限されていらっしゃいましたが、温かなおみおくりをさせていただきました。

帰り際に『ソライフさんに出会えて良かった。色々とアドバイスありがとうございました。』と喪主さまから仰っていただけたこと、次のご家族様にも繋いでいきます。

大好きなおばあちゃんを、笑顔で送る家族葬

谷塚斎場 南館 / 30名

大切な仕事仲間からご依頼いただいたお葬式。

ご遺影に使われたお写真は、女優のようなポーズで撮影された素敵な一枚。

お写真に合った花祭壇をご提案。故人様らしい色合いに合わせ棺とその周りを大好きだった藤色系で統一し、ひ孫さんも参列され、大変仲の良い多くの親族様にお見送りされました。

仕事仲間からご依頼いただく家族葬

堀ノ内斎場 / 20名

お世話になっている仕事仲間からご依頼いただきました。

数多くの葬儀社様とお付き合いがあるにもかかわらず、事前相談の時点からご連絡をいただくという意味はとても大きく、ご葬儀に向き合う姿勢を見てくださっていたのかと思うとただただ恐縮するばかりです。

仕事仲間の従兄弟さんが喪主をお務めになる家族葬。

『ソライフさんに任せれば大丈夫と言われているので、何の不安もありませんよ。』と初対面の時から仰っていただき、ご紹介したお寺様のお人柄にも大変喜んでいただきました。

事前相談の大切さを改めて学ばせていただき、
お別れに集中できた家族葬

モアサポートむさし野 / 10名

ご紹介いただいたご家族様とご縁を賜りました。

ご葬儀までの段取りや、安置場所や菩提寺様のこと、事前に細やかなことまでご要望をお伺いしていたため、ご逝去からご葬儀まで中一日しかない限られた時間のなか、すべてが滞りなく喪主様のご要望通りに進められました。

お式までの日数にゆとりがある場合は様々なことを選択する余裕もあるかもしれませんが、なるべく短期間でというお考えのある場合は事前相談をなされていた方が、故人様を偲ぶ時間にも余裕が生まれ、あたたかなお葬式になることを改めて実感させていただきました。

家族で初めて取り仕切る、お父さんのお葬式

東福寺 むさしの斎場 / 100名

退院されご自宅に戻り、「これからリハビリをしていこうね」と家族で話していた矢先、突然の出来ことだったとお話しされました。

もちろん事前の準備など何もなく、今までは故人様が取り仕切っていたことを残されたご家族様で決めなければなりません。

「何が分からないのかが、分からない」状況のなかご連絡をいただき、ひとつずつゆっくり丁寧に様々なことを取り決めていきました。

『その時は、また頼むよ。』

南多摩斎場 第1式場 / 40名

過去にご依頼いただいた喪主様から、再度ご依頼賜りました。

『高齢の母が入院していて小康状態を保ってはいるが、いつ何が起こってもおかしくないと医者に言われている。』とのご連絡を事前にいただき、『その時は、また頼むよ。』と。

『もしもの時はしっかりとお力添え致しますのでご安心いただき、お母様のそばにいてあげてくださいね。』とお伝えし、その数ヶ月後に着信がありました…。

お式に参列されたお孫様たちから『今回もよろしくお願いします!』と仰っていただけたあの笑顔が、忘れられません。

一年前の事前相談

日華斎場 行華殿 / 10名

一年前の雨の日、ソライフのチラシ広告を頼りに事務所へ訪ねてきてくれた男性がいらっしゃいました。

『よく葬儀屋さんのチラシは見るけれど、こちらのチラシは分かりやすいしプランも豊富だね。詳しい話を聞かせてくれないか。』とのこと。

しっかりと各プランのメリット・デメリットや詳細などをお話しし、その日は御見積だけお渡ししてご帰宅されました。

雨の日から一年後、その男性からご連絡が入りご依頼いただきました。

御見積もりをお渡しした後にも何社か問い合わせた結果、選んでいただけるというお気持ちにお応えするべく、しっかりとお力添えさせていただきました。

多くのご友人にも見送られた、愛に満ちたお葬式

臨海斎場 / 120名

ご自宅での日程や場所決めの時から、喪主様・ご家族様からはたくさんの優しさを感じ取ることが出来ました。

決して口数多くはないお子様たちが『黄色いガーベラが好きだったな…。』と呟くように仰ってくださり、故人様らしいピンク・紫のお花たちの中央、お位牌を囲む黄色いガーベラを見て、斎場に到着した際に大変喜んでいただけました。

喪主様の奥様に対する愛情や優しさが会葬者全員に伝わるお葬式、私たちにとっても忘れられない優しい日々を過ごさせていただきました。

事前相談から同一担当者でお力添えするお葬式

落合斎場 / 30名

数年前からメールやお電話で事前相談の連絡を取らせていただいたことにより、ご逝去の連絡を受けて施設で対面した時には笑顔で迎えてくださり、終始和やかにお打ち合わせを進め、『すべて安心してお任せするわ。』と一任していただきました。

事前相談を行なってきたことで、一番大切な故人様との最後のお時間に時間を割いていただくことが可能となり、改めて事前相談の重要性を考えさせられました。

ご葬儀後にご自宅へお伺いした際の晴れやかな喪主様の笑顔が忘れられません。

過去に参列された方からご依頼いただいた家族葬

モアサポートむさし野 / 20名

過去にソライフでお手伝いさせていただいたご葬儀(上記「大好きなおばあちゃん」のご葬儀)に参列されたご親族様から、ご依頼いただきました。

式場や火葬場が近隣にないエリアにお住まい。ご葬儀規模からご家族様に適した式場を提案し、火葬場への移動費用等は掛かってしまいましたがご納得いただくことが出来ました。

前回の花祭壇とは異なるデザインやボリューム、そして二日間の料理内容にもお喜びになり、温かな雰囲気のなか故人様をお送りさせていただきました。

生花部の尽力で実現させた『桜葬』

谷塚斎場 西館 / 20名

ご家族様が用意されたお写真は、満開の桜の前で満面の笑みの故人様。

3月中旬のお式の日程でしたが生花部が蕾を持った桜の枝を準備し、通夜当日には5分咲きになり、告別式には8分咲きまでに。

まだ肌寒い時期に花祭壇両脇に咲き誇る桜と、ご遺影背景の桜が相まって、故人様の笑顔がより引き立てられたお葬式となりました。

キリスト教葬

こだわりがたくさん詰まった葬儀式

世田谷区S教会 / 30名

ご自宅で天に召されたお母様と「式当日まで一緒に過ごしたい」とのご希望。

前夜式はご自宅で執り行い、葬儀当日に教会までご移動し設営させていただきました。

フラワーアレンジメント講師をされているご次女が遺影まわりのデザインを書き上げ、それを忠実に再現しました。

教会で普段飾られている花祭壇とは趣も異なり、会葬された教会員様からも「お母さんらしいわね」とお声を掛けられていらっしゃいました。

プログラムや押し花をあしらった会葬礼状も出版業に携わるご長女オリジナルで、細部の一つずつまでこだわった葬儀式となりました。

一日葬

お世話になっているお寺様から、
ご親族様の葬儀をご依頼いただくことの意味

浦和斎場 第3葬祭場 / 50名

大変お世話になっているお寺様から、ご連絡を頂戴致しました。『親戚が亡くなった。義理の息子へ直接連絡取って進めてほしい。』とのこと。

故人様を取り巻く様々な環境を考慮し、ご葬儀後のことまでを想定しながら柔軟に提案し、最終的に親戚のご住職から立派な戒名を授かり仏式にて一日葬を執り行うことができました。

花祭壇の故人様らしい色合いと優雅さは改装された斎場に調和され、受付まわりも余裕を持った広さを保つことで、お越しいただいた会葬者様同士が会話しながらお写真をゆっくり見ることができ、故人様を偲んでいらっしゃいました。

ご住職がお帰りになられる際、『ソライフさんを紹介して親戚一同喜んでいる姿を見て、安心したよ。』とお声を掛けてくださったことが忘れられません。

心友の母を送るということ

臨海斎場 / 3名

30年来の友から半年前『母親がそろそろかもしれない。何かあったら連絡するから、よろしくな。』と。

学生時代によく泊まりに行ったりとお母様には大変お世話になり、個人的に思い入れのある人。そんな人をおみおくりする日がきました。

深夜の出来事。友は看取りに立ち会えず、奥様だけが病院で一人立ち会っている状況。早々に病院へ向かいお母様をお預かり致しました。

翌朝、ご自宅でのお打ち合わせ。友は『色々あった。やりきった。火葬のみで考えている。』とのこと。僭越ながらも『ここまで面倒見てきたのであれば最後までしっかり送りだしてこそ「やりきった」になるのではないか。』と伝えさせていただき、奥様のご賛同も得られ『2人に任せる!』と仰っていただけました。

何かできないかと模索するも、友は『みんなには来ないで欲しい』の一点張り。『何もしないことが、僕らが今出来ることなんじゃないか。』と仲間の声に救われ、友・奥様、そして私の3人のみでご葬儀となりました。

お花入れの時に『産んでくれて、ありがとう。』と友がお母様へ直接伝えた一言、すべてが集約されているようでなりません。そしてお母様の『今まで、ありがとう。』の声、3人とも聞き取れたと思います。

後日改めて仲間たちと『お疲れ様会』を催し、友から仲間たちにも気持ちがしっかり伝わり、涙ながらも笑い合いながら「区切り」を付けることが出来たかと思います。

おかあさん。

お世話になり、ありがとうございました。

いってらっしゃい。

遠方から来る親族のために

桐ヶ谷斎場 / 20名

喪主をお務めになる長女様は「遠方で暮らす親族へ配慮することが、お母さんらしい葬儀になる」とお考えでした。

「アクセスも良く火葬場併設、拘束時間もなるべく短くしてほしい」とリクエストされ、桐ヶ谷斎場での一日葬となりました。

通夜は執り行いませんが喪主様家族がお母様に会いにいらっしゃり、限られた時間ではありましたが最後の夜をお過ごしになられました。

ご親族様からいただいたご供花は祭壇へと組込ませていただき、お花いっぱいの花祭壇が仕上がりました。

成年後見人の士業の方からのご依頼

しおかぜホール茜浜 第4式場 / 4名

身寄りの少ない故人様のご葬儀、喪主は従妹の方が勤められました。成年後見人の司法書士の方が「限られた予算はありますが、なるべく従妹の方のご希望を聞いてあげてくださいね。」と仰っていただくことができ、「会葬人数は少なくても寂しい祭壇にはしたくない、華やかに送ってあげたい。」というご要望を叶えられました。

昨年できたばかりの公営斎場は海に面していてとても綺麗で、天候にも恵まれコロナ禍に於けるご葬儀でもそこに寂しさは残らず、従妹さんの晴れやかなお顔が印象的でした。

大好きな青色に囲まれて

かわさき南部斎苑 第一斎場A / 20名

川崎市には北部と南部の公営式場があり、ご自宅からは北部のほうが近いのですが式場予約が一週間も先になるので、少し離れた南部斎苑にてお式を執り行いました。

日程を優先なされたため空いている式場は家族葬を行なうには広めの式場しか空いておりませんでしたが、椅子を間引き空間をゆったり使ったり、ご供花もスタンドタイプで設置し寂しくない装飾を施しました。

花祭壇は全体的に黄色く明るく仕上げ、位牌まわりとお棺とお骨壺の覆いは故人様のイメージカラーの青で統一させていただきました。

後見人の士業の方からの連絡

日華斎場 行華殿 / 5名

後見人をされていらっしゃる士業の方から葬儀依頼を賜りました。

『息子が一人いるが、病気を患っていらっしゃる。その方のご意向に沿って進めてくれないか。』とのご要望、病院で息子様とお会いしゆっくりと打ち合わせを進めていきました。

大型連休も重なりお式までの間が空きましたが、故人様へのお手当もしっかり施し続け大変穏やかな表情でお式当日を迎えることができ、後見人の士業の方からも『また何かの時は相談させてもらいますね。』と仰っていただけました。

頼りにされる有り難さ

別院観音院 / 15名

過去にご縁を賜ったご家族様のお身内様から、年の瀬にご連絡をいただきました。

年末年始は特に火葬場などは混みあいますが、いくつかの候補地から最も条件が合う式場にて、ご要望通り年を跨ぐことなく執り行うことが出来ました。

すべての決め事に一任してくださり「頼られる」という有り難さと、そのお気持ちを裏切ってはいけないという「使命」を痛感させていただきました。

社葬・合同葬

大好きだった登山を彷彿させる合同葬

谷塚斎場 東館 / 300名

友人からご紹介いただいた合同葬。

下町で家業を営むご家族のお式は、山岳会に所属されていた故人様をイメージする大きな山を模った花祭壇と、中央には太陽のように昇るご遺影に、たくさんの関連業者様やお祭り仲間の方々からは「らしいね!」とお話しされていらっしゃいました。

御焼香所への順路には想い出の品々や賞状や芳名版、花祭壇右側にスクリーンを設置し想い出の日々を繋いだ映像が流れ、多くの会葬者様が御焼香をお待ちになる時間を長く感じさせない工夫を施しました。

以下のページもご覧ください

プランのご案内

当社のプランについてご紹介しております。

お客さまの声

お世話になったご家族様から届いた声、是非お目通しください。

資料請求・事前相談・葬儀支援サービス
『もしも…』の時 から 緊急時 も 迅速対応

24時間 / 365日 
自社スタッフが迅速・親身に対応中

0120-39-0416
メール
info@solife.tokyo
T E L
042-444-4507
F A X
042-444-4607

お問合せはこちら

24時間安心フリーダイヤル

0120-39-0416

お問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

お客さまの声

市営斎場・無宗教式

相模原市・T様

参列いただいた多くの友人から「新しい葬儀のあり方を考えるきっかけになった」と、お褒めのお言葉をたくさんいただけました。